ショパン国際ピアノコンクールin アジアの審査

年明けは2日から移動して3日間ショパン国際ピアノコンクールin アジア(通称ショパンアジア)の全国大会審査でした。1月1日に石川で大きな地震があり、そして羽田では火災事故。参加者は無事に来られるかと不安がよぎりましたが、地震による欠席者は誰もいませんでした。

私の審査した会場はそれほど広くなく、響きがストレートですので、音の一つ一つがしっかり見えてしまいます。ペダリングもよく分かります。奏者には怖い会場です😅

審査の合間に仲良しの先生とお食事しました😋

関西の大先生、芹澤ご夫妻との会食🥢 そして、かてぃんママの角野美智子先生とのお食事🍶角野先生とは仲良しなので話が尽きず、新百合ヶ丘で深夜までやっているバーを探して喋り倒しました😅 審査の合間の先生方との交流は楽しみの一つです💖

審査員の先生方。審査員長の中島先生とは10年以上ぶりで最初どなたかわかりませんでした😅
審査員控室にて。
芹澤先生ご夫妻と駅前にて✨イルミネーションを撮りたかったのですが、私たちで隠れてしまいました💧文美先生とは3日間ご一緒しました。
角野美智子先生💖似た者同士の私たちは話し始めると話が止まりません😁