ドミンゴ❗️すごかった‼️‼️

世界3大テノールの1人、プラシド・ドミンゴ🎵今年83歳。

正直、今の彼はどんななのかとコンサートのチケットは買ってみたものの(とりあえずの3階C席)、あまり期待していませんでした。(すみません🙇‍♀️)

というのも、数年前に行った同じく3大テノールの1人、ホセ・カレーラスがピンマイク差し込んでのコンサートだったので、ドミンゴも衰えてしまったかなと思ったのです💧

しかし、それはいい意味で裏切られました‼️本当に素晴らしかったです✨

まさに世界の一流芸術家というのはこういう人を言うのだなと感じました‼️

声量は素晴らしいですし、声の艶もハリもとても歳を感じさせません。常ににこやかで客席に気を配るエンターティナーであり、紳士であり(自分が歌わない時はソプラノのモニカをステージへエスコート)、そのオーラはものすごかったです⭐️

行って初めて知ったのですが、伴奏はセントラル愛知。指揮者のマルコ・ボエーミが凄いのかいつものセントラルとは違いました❗️人数もフルオケ100人規模、管楽器のキレがとても良く、抒情的な曲では木管楽器は身体を揺らして大きく表現して歌っています。題目が全てオペラからだったせいか、ソプラノのモニカ・コネサとドミンゴの登場人物2人のオペラを観ているかのようなステージでした。

さすがにドミンゴは後半ちょっと声量が衰えましたが、あれだけ歌って息が上がらないってどういうこと⁉️と不思議なくらい😅

後半はスペインの「サルスエラ」から色々な役を2人で歌いました。非常にノリが良く、鳴り止まない拍手と「ブラボー」にアンコールは何曲歌ったのか分かりません(30分以上)。最後は会場も手拍子。ステージではドミンゴとモニカがマンボやチャチャチャを踊りながら歌います。(そういう曲なのでしょう)

前半からドミンゴが歌った後は「ブラボー👏」の嵐でしたが、最後は一部スタンディング。ステージ前にもお客さんが集まって握手してもらっていました❗️(ファンサービスも忘れない👏)

終了時刻を大幅に過ぎて21:30に終わりました😅

本当にイタリアでオペラを観た後のような素晴らしい感動を覚えました✨

私は歌のことはよく分かりませんが、何の分野でもやっぱり本物、一流を見るというのは刺激になります。こちらにも伝わります‼️

今日はとても良い時間を過ごしました🍀

ほんと、ドミンゴにはあっぱれです😄

すごい‼️